札幌でシミ・肝斑を治療したい女性におすすめの
美容皮膚科7院を紹介
札幌のシミ取り治療でおすすめの美容皮膚科 » 本気でシミを消したいなら知っておくべきこと » 肝斑

公開日: |最終更新日時:

肝斑

肝斑になる原因

肝斑の原因は、現状、明らかになっていません。女性ホルモンのバランスが崩れ始める年齢に肝斑が現れる傾向があり、かつ、閉経とともに肝斑が薄くなっていく傾向があることから、女性ホルモンとの関係が指摘されています。

女性ホルモンが原因?

肝斑は、30~40代の女性に多く見られ、50代くらいになると少しずつ薄くなっていく傾向があります。高齢者においては、肝斑はほとんど見られません。なおかつ、妊娠や出産の経験、ピル服用の有無などが肝斑の出現に関与していることから、肝斑の主な原因は女性ホルモンのバランスにある、との指摘があります。

一般にシミと言うと、紫外線を始めとした外的な刺激や乾燥などが原因と思われがちですが、こと肝斑に関しては、外的な要因ではなく内的な要因により現れる、と理解しましょう。

紫外線が原因?

肝斑の原因が、体の外側ではなく内側にあるとは言え、それはあくまでも傾向の話。確かに肝斑の主な原因は女性ホルモンにありますが、そうとは言え、紫外線がまったく関与していないわけではありません。肝斑はもとより、他の種類のシミの悪化も招く恐れがあることから、日焼け止め、日傘、帽子、サングラス、マスクなどを適宜使用し、日常的な紫外線対策をしっかりと行いましょう。

肝斑の予防方法は?

肝斑の主な原因が女性ホルモンの乱れである以上、症状の発症を完璧に予防する方法はありません。女性ホルモンのバランスに急激な変化をもたらさないよう、睡眠をしっかりと取り、バランスの良い食生活を送り、かつストレスをためないことが大切です。

また、現れてしまった肝斑を悪化させないためにも、かならず紫外線対策を行いましょう。クレンジングや洗顔の際、肌を強くこすりすぎないことも大切です。

※札幌にある美容皮膚科のうち、シミ取り治療のメニュー数が多い上位3クリニックを選出(調査日時:2017年9月)。